鍼灸治療における不妊治療分野でのガイドライン策定

不妊鍼灸ガイドラインについて

 

  鍼灸は様々な考え方、根拠によって治療形態が異なります。

  それを均一化する事が目的ではありません。しかし、どういった治療方針で行っても、最大公約数的な共通認識があります。それをここにガイドラインとして策定します。不妊に真剣に向き合っている事、自らの利益よりも患者様の利益を優先する事を念頭に置いて、ここにこのように宣言します。

 

不妊鍼灸ガイドライン

 ここに名を連ねる私たちは「不妊に関する知識を備え、技術の研鑽を怠らず、来院の方の利益を最優先し、女性に必要な環境と心配りを行っていること」を明確にし、下記の事柄を遵守します。


 
        一、   私たちは、治療方針を出来るだけ明確に説明します。
  二、   私たちは、鍼灸を行う上で、不妊及びそれに関連した必要十分な現代医学的知識をも身につけています。
  三、   私たちは、根拠に基づいた治療間隔(週に2回ないし週に1回)を越える不必要な通院を
勧めません。
  四、   私たちは、むやみな物販や回数券の推奨をしません。
  五、   私たちは、深遠なる鍼灸の効果を追求するために、他業種との併業は行いません。
  六、   私たちは、根拠に基づいた治療を行うために、一人当たり最低40分間をかけて治療を行います。
  七、   私たちの院では、施術者が男性の場合は、女性の方と1対1にならないように院内に他にも鍼灸師(または医療従事者)がいます。
  八、   私たちの院では、使い捨て鍼の使用など常識的な衛生環境を維持しています。
  九、   私たちは、女性の皆様への治療の際には肌の露出は最小限にするなど、 特に配慮をしています。
  十、   私たちは、ご懐妊になった方の流産予防としての治療は、医学的に根拠がある12週までを推奨します。但し他の愁訴もある場合はその限りではありません。
  十一、   私たちは、医療費控除に利用できる領収証を毎回発行します。

 

 

 

そして最後に最も大切な事

        十二、   私たちは、患者様の幸福のために志を一つにして、自院他院の垣根を越えた情報や技術の交換を積極的に行い、最高の鍼灸不妊治療を目指しています。

 

このページのトップへ

不妊鍼灸ネットワークについて

 

各ページへ

連絡先

不妊鍼灸ネットワーク事務局

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-3-8
第二栄来ビル8F
電話03-5469-0810

アキュラ鍼灸院内