2015年度(平成27年度)公開講座(通算第2回・27年度第3回研修会報告 *


2015年度(平成27年度)公開講座(通算第2回・27年度第3回研修会)

2015年度(平成27年度)公開講座(通算第2回・第27年度3回研修会・京都)報告

下記の通り、本会平成27年度公開講座・第3回定期研修会を開催しましたのでお知らせいたします。

 

日 時 平成28年3月20日(日) 午前9時30分受付 10時00分開始 〜 17時終了

会 場 京都市 コープイン京都 大会議室
    京都市中京区柳馬場通蛸薬師上ル井筒屋町411(地図) 電話 075-256-6600

 

講義1

『当院での日常の不妊患者への治療と対応』

本会副会長 三瓶鍼療院院長 三瓶真一

 

本会副会長の三瓶より、自院の妊娠成功率と実際の治療法の披露がありました。

また子宮内膜症体質の鍼灸による改善を例に挙げて、妊孕性の改善について話しました。


このページのトップへ

 

会員症例報告

本会では研修会時に、会員に症例発表をしていただいています。

 

演題1 『成功事例の症例報告及びアンケート集計結果の紹介』

兵庫県・鍼灸さくら治療院院長 寺澤智栄子

 

 

演題2 『開始直後から短期間で卵質改善された一症例』

大阪府・鍼灸香里治療院院長 西村和重

 

 

演題3 『帝王切開瘢痕症候群 帝王切開を原因とした続発性不妊』

岐阜県・なかば鍼灸院院長 櫻井 央

 

このページのトップへ

 

演題4 『副腎へのアプローチ AKとYNSAを使った診断と治療 乏精子症改善の一症例』

神奈川県・大和鍼灸院院長 徐 大恆

 

 

演題5 『両卵巣チョコレート嚢腫を経た体外授精アシスト成功例』

滋賀県・草津栗東鍼灸院院長 露木 藍

 

 

 

ランチョンセミナー

『着床率向上の詳細』
(星状神経節光線照射とパイオネクス貼付効果の検証及び理論)

本会会長 なかむら第二針療所総院長 中村一徳


昼食を摂りながらのランチョンセミナーでは、本会会長の中村より、鍼灸治療、低反応レーザー併用による胚盤胞採卵率向上や、着床、妊娠率向上のデータ披露と解説がありました。

 

このページのトップへ

 

講義2

『排卵障害など』
(中枢性、卵巣性を血液検査やエコー所見による分類をふまえて)

本会事務局長 アキュラ鍼灸院院長 徐大兼

 

本会事務局長の徐より、不妊診療の基礎となるホルモン、なかでも排卵に関するホルモン環境などの基礎講義がありました。

 


特別講演1

『クリニックにおける不妊治療の現状』

醍醐渡辺クリニック院長 渡辺浩彦(わたなべ ひろひこ)先生

 

特別講演1では、JISART認定施設の醍醐渡辺クリニック(京都)院長の渡辺浩彦先生より、醍醐渡辺クリニックでのARTの手法や成功率、不妊治療の基礎からARTの実際、胚の凍結前スクリーニングなどお話しいただきました。

このページのトップへ

 

特別講演2

『不妊治療におけるラボワークの実際』

醍醐渡辺クリニック培養室長 木下勝治(きのした かつじ)先生

第17回日本臨床エンブリオロジスト学会大会長も務められた、醍醐渡辺クリニック培養室長の木下勝治先生よりは、採卵後の卵子の顆粒膜細胞除去やICSIの実際について豊富な動画を用いて詳細にお話しいただきました。


醍醐渡辺クリニック院長 渡辺浩彦先生(写真左)は、本会の相談役でもあります。

 

また当日の会場には、過去の会員の学会などでの発表ポスターを掲示しました。

 

 

 

 

懇親会

17:45〜 コープイン京都

 

 

 

同じ会場で懇親会が開催されました。

アンサンブル都の4人メンバーによる弦楽四重奏のほか、中村会長も参加してのミニコンサートも開催されました。

 

 

 

 

 

 

 

 


このページのトップへ

 

 

不妊鍼灸ネットワークについて

 

各ページへ

連絡先

不妊鍼灸ネットワーク事務局

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-3-8
第二栄来ビル8F
電話03-5469-0810

アキュラ鍼灸院内