不妊鍼灸ネットワーク 第4回公開講座 「 鍼灸を検証しよう 〜エビデンスと統計〜 」 平成28年度第3回(通算第15回) 報告 *


第4回公開講座 平成28年度第3回(通算第15回) 報告

第4回公開講座 「 鍼灸を検証しよう 〜エビデンスと統計〜 」 平成28年度第3回(通算第15回) 報告

下記の通り、本会平成28年度公開講座(通算第4回)・第2回定期研修会を開催いたしましたので、報告いたします。

 

日 時 平成29年3月19日(日) 午前10時 〜 17時終了

会 場 京都市 キャンパスプラザ京都 4階 第4会議室
   〒600-8216  京都市下京区西洞院通塩小路下る東塩小路町939
   TEL.075-353-9111 http://www.consortium.or.jp/about-cp-kyoto

 

10:00〜12:00 午前の部 ー本会学術部による講義ー

講義3 「自分たちにもできる臨床研究 〜データをどのように集め、活かすか〜 」
     講師:本会学術部委員 遠藤彰弘(福岡市・田中はり灸療院 )

  

遠藤彰宏先生(田中はり灸療院 http://tanaka-harikyu.jp/)の講義は臨床研究に際してとても大切な「先人に学ぶ」「先行研究論文」に関する内容でした。
骨盤位の鍼灸治療を通じて得られた経験や外回転術に関して講義頂きました。

 

講義2 「私が経験したデータ集積」
     講師:本会学術部委員 田邊美晴(広島市・はる鍼灸院)

  

田邊美晴先生(はる鍼灸治療室http://haruharikyu.com/)の講義の模様。
研修元である京都・なかむら第二針療所での突発性難聴のオージオグラムのデータから有効な治療法を選んでいくまでのプロセスの発表でした。

不妊症とは異なる疾患でのデータ集積から、効果的な治療法を選ぶためにいかにデータ集積が大切であるか、というものでした。

 

講義1  「勘違いしやすいEBMについて」
講師:本会学術部長 木津正義(名古屋市・明生鍼灸院)

  

名古屋・明生鍼灸院副院長の木津正義先生(明生鍼灸院http://meiseiacp.com/)からは、誤解されやすいエビデンスについて短い時間ながら講義いただきました。

そべてデータや科学だけでエビデンスが語られるわけではない、という実例を挙げていただきました。

 

 

 

13:00〜17:00 午後の部 −外部講師による特別講演ー

講義4 「統計が医を科学に変えた ーナイチンゲールから始まった革命」
     講師:京都女子大学名誉教授  小波 秀雄 氏

  

昼食後は、京都女子大学名誉教授の小波秀夫先生から、医学が科学となった転帰についての裏話で、クリミア戦争で活躍した看護師であるナイチンゲールのお話を伺いました。

ナイチンゲールの献身的な看護活動から、医療は科学の分野になったこと。積み重ねたデータが不利なものになったとしても、正しい方向を得るためには必要なものであることを示されました。

 

 

講義5 「生殖医療の現場で/鍼灸を外から見て」
     講師:医療法人三慧会 IVF 大阪クリニック看護師長 小松原 千暁 氏

  

IVF大阪クリニック看護師長の小松原千暁先生の講義の模様。

生殖医療を行なっている医療機関での医療者が鍼灸にどのような印象を持っているか、また、鍼灸師に期待する不妊カップルへの関わり方、接し方について、大変濃いお話を聞かせていただきました。

鍼灸に理解のある森本理事長の率いるIVFジャパンだからこそ、このような特異な内容がお話頂けた事と思います。


 

 


このページのトップへ

 

 

不妊鍼灸ネットワークについて

 

各ページへ

連絡先

不妊鍼灸ネットワーク事務局

〒150-0002
東京都渋谷区渋谷1-3-8
第二栄来ビル8F
電話03-5469-0810

アキュラ鍼灸院内